Herunterladen Diese Seite drucken

Canon FU-1000 Handbuch

Werbung

Verfügbare Sprachen
キヤノン モノクロ
FU-1000
ビューファインダー ユニット
Canon Monochrome CRT
Viewfinder Unit FU-1000
Unité viseur CRT monochrome
Canon FU-1000
Canon Suchereinheit FU-1000 mit
Schwarzweiß-Kathodenstrahlröhre
Visor CRT monocromo
Canon FU-1000
Mirino a CRT monocolore
Canon FU-1000

Werbung

loading

Inhaltszusammenfassung für Canon FU-1000

  • Seite 1 キヤノン モノクロ FU-1000 ビューファインダー ユニット Canon Monochrome CRT Viewfinder Unit FU-1000 Unité viseur CRT monochrome Canon FU-1000 Canon Suchereinheit FU-1000 mit Schwarzweiß-Kathodenstrahlröhre Visor CRT monocromo Canon FU-1000 Mirino a CRT monocolore Canon FU-1000...
  • Seite 2 Important Usage Instructions WARNING: TO REDUCE THE RISK OF FIRE OR ELECTRIC SHOCK, DO NOT EXPOSE THIS PRODUCT TO RAIN OR MOISTURE. This device complies with Part 15 of the FCC Rules. Operation is subject to the following two conditions: (1) This device may not cause harmful interference, and (2) this device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation.
  • Seite 3: Important Safety Instructions

    10.Outdoor Antenna Grounding — If an outside refers to the Monochrome CRT Viewfinder Unit antenna is connected to the product, be sure FU-1000. the antenna is grounded so as to provide some protection against voltage surges and 1. Read Instructions — All the safety and built-up static charges.
  • Seite 4 17.Replacement Parts — When replacement parts are required, be sure the service technician has used replacement parts that are specified by Canon or that have the same characteristics as the original part. Unauthorized substitutions may result in fire, electric shock or other hazards.
  • Seite 5 このたびは、キヤノン モノクロ ビューファインダー ユニット FU-1000をお買い求めいただきまし て、誠にありがとうございます。本機は、デジタルビデオカメラXL1Sに取り付けるモノクロ ビュー ファインダー ユニットで、より正確なピント合わせなどが可能になります。 ご使用の前にこの使用説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。お読みになった後は、大 切に保管してください。 保証書別添付 保証書は必ず「購入店・購入日」等の記入を確かめて、購入店よりお受け取りください。 本機をお使いになる前に、付属品をお確かめください。 ● バッテリーアダプター ● 延長チューブ ● マイクプロテクター モノクロ ビューファインダー ユニット FU-1000使用時のご注意 ● モノクロ ビューファインダー ユニット FU-1000をXL1Sに取り付けたときはバッテリーパッ クで使用してください。コンパクトパワーアダプターCA-900シリーズによるAC電源やカーバッ テリーアダプターCB-900シリーズによる車載電源では使用できません。 ¡ バッテリーパックの残量表示は出ませんが、消耗を警告する“k”は出ます。 なお、モノクロ ビューファインダー ユニット FU-1000をXL1Sに取り付けたときのバッテリー パックの連続使用時間は次の通りです。 BP-930:約85分 /約105分...
  • Seite 6 安全上のご注意 ● ご使用の前にこの「安全上のご注意」をよくお読みのうえ、正しくお使いください。 ● 絵表示について この使用説明書および製品への表示では、製品を正しくお使いいただき、あなたや他の人々への 危害や財産への損害を未然に防止するために、いろいろな絵表示をしています。 その表示と意味は次のようになっています。 内容をよく理解してから本文をお読みください。 この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性が想定 警告 される内容です。必ずお守りください。 この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が傷害を負う可能性が想定される内容 注意 および物的損害のみの発生が想定される内容です。 必ずお守りください。 警告 ● 煙が出ている、へんな臭いがするなどの異常が発生した場合、すぐに、 バッテリーパックを外してください。 そのまま使用すると、火災、感電の原因となります。 煙が出なくなるのを確認してから、ご購入になった販売店または キヤノンサービスセンターに修理を依頼してください。 お客様による修理は危険ですからおやめください。 ● 本機器を落としたり、外装を破損した場合は、バッテリーパックを外 してください。 ご購入になった販売店またはキヤノンサービスセンターに修理を 依頼してください。 そのまま使用した場合、火災、感電の原因となります。 ● 本機器内部に水または異物が入った場合は、すぐに、バッテリーパッ クを外してください。 そのまま使用した場合、火災、感電の原因となります。ご購入になっ た販売店またはキヤノンサービスセンターにご連絡ください。 特にお子様のいるご家庭では、ご注意ください。 ● 本機器の外装を外さないでください。 内部に高電圧の部分がありますので、感電の原因となります。 内部の点検・調整・修理は、ご購入になった販売店またはキヤノン サービスセンターにご依頼ください。...
  • Seite 7 警告 ● 本機器内部に水などが入ったり、濡らしたりしないようにご注意くだ さい。 そのまま使用した場合、火災、感電、やけどの原因となります。雨天、 降雪中、海岸、水辺、湿度の高い場所などでの使用は、特にご注意く ださい。 ● バッテリーパックを金属製のネックレス、キーホルダー、ヘアピンな どと一緒に、携帯や保管をしないでください。 電池などの「+」と「−」の端子がショートされ、高熱や液漏れによ り、やけど、けがの原因となります。持ち運びや保存のときは、必ず 付属のショート防止キャップを取り付けてください。 ● バッテリーパック、乾電池、ボタン型リチウム電池などを分解や加熱 をしたり、火や水の中へ投げ込まないでください。 電池の破裂により、やけど、けがの原因となります。 ● 自動車などの運転中に、運転者は本機器を操作しないでください。 交通事故の原因となります。 ● 撮影しているときは、周囲の状況にご注意ください。 けがや交通事故の原因となります。 ● お子様が使用のときには、保護者が正しい使用方法を充分に教えてく ださい。また、使用中にもご注意ください。 感電、けがの原因となります。 ● 乳幼児の手の届かないところで、使用、保管してください。 感電、けがの原因となります。 ● バッテリーパックの充電は、指定された充電器を使用してください。 それ以外のものを使用すると、電池の液漏れ、発熱、破裂より火災、 やけど、けがの原因となります。 ● ケーブルを車のドア、窓、シートなどの間に、はさまないでください。 ケーブルが傷ついたり(芯線の露出や断線など)して、火災、感電の 原因となります。 ● バッテリーパックは指定された機器にご使用ください。 それ以外のものに使用すると、電池の液漏れ、発熱、破裂の原因にな...
  • Seite 8 警告 ● バッテリーパックを充電器や機器に接続するときに、プラス、マイナ スの向きを確認してください。 電池の液漏れ、発熱、破裂により火災、やけど、けがの原因となります。 ● 本機器をぐらついた台の上や傾いた所など不安定な場所に置かないで ください。 落ちたり、倒れたりして、けがの原因となります。 ● バッテリーパックを電源コンセントや自動車のシガーライターソケッ トなどに直接接続しないでください。 電池の液漏れ、発熱、破裂により火災、やけど、けがの原因となります。 注意 ● 強い衝撃や振動を与えたり、投げつけないでください。 破損により、火災、やけど、けがの原因となることがあります。 ● 本機器や電源コードを、ストーブなどの熱器具に近づけないでください。 外装が変形したり、コードの被覆が溶けて、火災、感電の原因となる ことがあります。 ● 直射日光下や発熱体のそばなど、60℃以上の高温の場所で使用や放置 しないでください。 電池の漏液、発熱、破裂により、火災、やけど、けがの原因となるこ とがあります。 ● 飛行機内で使用する場合は、乗務員の指示に従ってください。 機器から出る電磁波により、飛行機の計器に影響を与える恐れがあり ます。 ● テーブルクロス、じゅうたん、布団、クッションなどをかけたまま使 用しないでください。 内部に熱がこもり火災の原因となることがあります。 ● バッテリーパック、ショルダーストラップ、グリップベルトなどを確 実に取り付けてください。 緩んで脱落すると、けがの原因となることがあります。 ● 湿気やほこりの多い場所に保管しないでください。 火災、感電の原因となることがあります。...
  • Seite 9 モノクロ ビューファインダー ユニットの取り付け ¡ マイクはあらかじめ取りはずしてお きます。 カラーファインダーを 取りはずす 。 ファインダーケーブルをはずす (図A) 。 固定ネジを回してゆるめ、ファイン ダー部をスライドさせてはずす (図B) 。 モノクロ ビューファイン ダーを取り付ける。 ¡ ファインダー取り付け部にスライド させて取り付け、固定ネジを回して 固定する(図C) 。 バッテリーアダプターを ビデオカメラの電源装着部 に取り付ける。 バッテリーアダプターの先端を、電 源装着部のガイドラインに合わせ、 押しつけながらカチッと音がするま でスライドさせる(図D) 。 ¡ はずすときは、ビデオカメラの BATT. RELEASEボタンを押し ながら、バッテリーアダプター をスライドさせてはずす。 モノクロ ビューファインダーのケー ブルをバッテリーアダプターに接続...
  • Seite 10 モノクロ ビューファインダー ユニットの取り付けーつづき ¡ バッテリーパックの 取り付け/取りはずし [取り付け] バッテリーパックの先端を、電源装 着部のガイドラインに合わせ、押し つけながら、 カチッと音がするまで、 スライドさせる(図F) 。 [取りはずし] バッテリーアダプターのBATT. RELEASEボタンを押しながら、 バッテリーパックをスライドさせて はずす(図G) 。 マイクを取り付ける。 細い+ドライバーでネジをはずし、 ウィンドスクリーンをはずす (図H) 。 マイクプロテクターをマイクに差し 込み、上からウィンドスクリーンを 差し込み、ネジで固定する(図I) 。 指標を合わせて、マイクを取り付け 部に差し込み、固定する(図J) 。 マイクケーブルを接続する(図J) 。...
  • Seite 11 モノクロ ビューファインダー ユニットの調整 アイピースの調整 ビデオカメラを構え、ビューファイ LOCK ンダーユニットを動かして、見やす い位置で、ビューファインダーユ ニットの裏側にあるアイピースロッ クネジを締めて固定する(図K) 。 ¡ ビューファインダーは左右に0∼ 2cm移動でき、上下に0∼250° 回転します。 撮影するときの目の位置に合わせ、 アイピース調整リングでアイピース の前後の位置を調整する(図K) 。 ¡ アイピースは前後0∼2cmの範囲で 移動できます。 延長チューブの取り付け アイピース位置を調整しても、目の位 置に合わないときは延長チューブを取 り付けてください。 アイカップをはずす(図L) 。 延長チューブをネジ溝に合わせ回し て、固定する(図M) 。 アイカップを延長チューブの溝に合 わせ、取り付ける(図M) 。 ファインダーの視度調整 電源を入れ、ビューファインダーの表 示がはっきり見えるように調整しま す。 ¡ 視度調整つまみではっきり見える位 置を探す(図N)...
  • Seite 12 モノクロ ビューファインダー ユニットの調整ーつづき 画面の調整 ビューファインダー画面は明るさ (B=ブライト) 、濃淡(C=コントラス ト)とピーキング(P)の調整ができ ます(図O) 。 ¡ 明るさの調整 マニュアルで絞りを設定するとき に、ビューファインダーの明るさが 目安になります。 グレースケールなど、階調のわかる 被写体を写しながら適切に調整して ください。 ¡ ピーキングの調整 レンズのピントを合わせるときに、 画面が見やすくなるように調整して ください。 • ビューファインダーのB、C、Pの つまみを調整しても記録される映像 には影響ありません。 録画ランプについて 録画ランプを点滅させるときは、ビデ オカメラ本体のメニューで録画ランプ を「入」にして、モノクロ ビューファ TALLY LIGHT インダーのTALLYスイッチも「入」 にしてください(図P) 。 いずれか片方が「切」になっていると 点滅しません。 レンズ上面照射ランプ 周囲が暗いときなど、レンズ操作部を...
  • Seite 13 アイピースの取りはずし/ 取り付け [取りはずし] アイピース取りはずしボタンを押した まま、アイピースを回す(図 Q ) 。 [取り付け] ビューファインダーとアイピースの△ を合わせ、カチッと音のするまで回す (図 Q ) 。 保証書とアフターサービス ●本機の保証は日本国内を対象としています。万一海外で故障した場合の現地でのアフターサービス はご容赦ください。 保証書 本体には保証書が添付されています。必要事項が記入されていることをお確かめのうえ、大切に保存 してください。 アフターサービス 補修用性能部品について 製品の保証について 6 モノクロ ビューファインダー ユニット補修 1 本製品が万一故障したときは、本製品と保証 用性能部品(製品の機能を維持するために必 書をご持参のうえ、ご購入いただいた販売店 要な部品)の最低保有期間は、製造の打ち切 またはキヤノンサービスセンターにご相談く り後8年です。従って期間中は原則として修 ださい。 理をお受けいたします。なお、故障の原因や 2 保証期間内でも保証の対象にならない場合も 内容によっては、期間中でも修理が困難な場 あります。詳しくは保証書に記載されている...
  • Seite 14 主な仕様 モノクロビューファインダー ファインダー: 1.5型白黒CRT使用 解像度: 中心約500TV本以上(CRT単体解像度) 視度調整範囲: +0.5∼−2.4ディオプター +0.1∼−3.2ディオプター(延長チューブ装着時) 録画ランプ: あり(入/切スイッチ付き) レンズ上面照射ランプ: あり(入/切スイッチ付き) コントラスト調整: あり(ボリューム付き) ピーキング調整: あり(ボリューム付き) ブライト調整: あり(ボリューム付き) 電源電圧: DC9V(バッテリーアダプターでDC7.2Vを DC9Vに昇圧して供給) 消費電力: 約11.2W(撮影時:16倍ズームレンズXL5.5− 88mm IS II装着時) 約9.5W(撮影時:14倍マニュアルズームレンズ XL5.7−80mm、または16倍マニュアルズームレン ズXL5.4−86.4mm装着時) 約204 × 192 × 75mm 外形寸法: 約204 × 251× 75mm (マイクホルダー装着時) 質量:...
  • Seite 15 FU-1000. This monochrome viewfinder unit for the XL1S digital video camcorder allows for even crisper focusing. To get the most out of your FU-1000, we recommend that you read this manual thoroughly before use. Keep these instructions in a safe place for quick reference in the future.
  • Seite 16 Mounting the FU-1000 to the XL1S ¡ First, remove the microphone from the XL1S’s color viewfinder. Remove the XL1S’s color viewfinder. q Disconnect the viewfinder cable ( A ). w Loosen the knob on the XL1S and slide the viewfinder off ( B ).
  • Seite 17 ¡ Attaching and removing the battery pack 1. Align the triangle on the battery pack with the line on the battery adapter. Slide the battery up until it clicks into place ( F ). 2. Remove the battery by pressing and holding the adapter’s BATT.
  • Seite 18 Adjusting the FU-1000 Adjust the eyepiece position. LOCK q Hold the XL1S in the shooting position and adjust the eyepiece to a comfortable viewing position. Tighten the eyepiece LOCK knob (underside of unit) to hold the eyepiece in place ( K ).
  • Seite 19 TALLY LIGHT recording, turn the tally lamp on through the XL1S’s menu and turn on the TALLY switch on the FU-1000 ( P ). Both must be set to on in order for the tally lamp to blink. Lens illumination lamp...
  • Seite 20 Adjusting the FU-1000 Removing and attaching the eyepiece Removing Push and hold the eyepiece release button. Turn and remove the eyepiece ( Q ). Attaching Align the marks and turn the eyepiece until it clicks into place ( Q ).
  • Seite 21: Specifications

    Specifications Monochrome CRT Viewfinder Unit FU-1000 Viewfinder: 1.5-inch monochrome CRT Resolution: Over 500 TV lines in center (CRT only) Focus adjustment range: +0.5 to –2.4 diopter +0.1 to –3.2 diopter (when extension tube is attached) Tally lamp: On/off switch Lens illumination lamp:...
  • Seite 22 (Attache de câble fixée) Remarques à l’utilisation du viseur FU-1000 ¡ Le FU-1000 ne peut pas s’alimenter sur le CA/secteur (par l’adaptateur secteur compact série CA-900) ni sur une batterie de voiture (par l’adaptateur pour batterie de voiture série CB-900). Vous devez faire appel à une batterie d’alimentation rechargeable (ou deux avec le Chargeur/Boîtier de batterie...
  • Seite 23 Mise en place du FU-1000 sur le XL1S ¡ Déposez d’abord le microphone du viseur couleur de la XL1S. Déposez le viseur couleur du XL1S. q Débranchez le câble du viseur ( A ). w Desserrez la molette sur le XL1S et faites glisser le viseur pour le retirer ( B ).
  • Seite 24 Mise en place du FU-1000 sur le XL1S ¡ Fixation et retrait de la batterie d’alimentation rechargeable 1. Alignez le triangle de la batterie rechargeable avec la ligne sur l’adaptateur pour batterie. Faites glisser la batterie vers le haut jusqu’à...
  • Seite 25 Réglage du FU-1000 Réglage de la position de l’oculaire. q Tenez le XL1S en position de LOCK prise de vue et ajustez l’oculaire à la position la plus confortable. Serrez le bouton LOCK de l’oculaire (sous l’unité) pour immobiliser l’oculaire ( K ).
  • Seite 26 Réglage du FU-1000 Ajustez le viseur à votre vue. Mettez sous tension et ajustez l’affichage à votre vue. ¡ Glissez le levier de mise au point du viseur juqsu’à ce que l’affichage soit bien net ( N ). Ajustez l’affichage du viseur.
  • Seite 27 TALLY LIGHT l’enregistrement, allumez celle-ci sur le menu de la XL1S et allumez l’interrupteur TALLY sur le FU-1000 ( P ). Tous deux doivent être en service pour que la lampe de signalisation clignote. Lampe d’éclairage d’objectif Elle éclaire l’objectif, autorisant des...
  • Seite 28: Fiche Technique

    Fiche technique Unité viseur CRT monochrome FU-1000 Viseur: Tube cathodique monochrome de 1,5 pouce Définition: Plus de 500 lignes TV au centre (Tube cathodique seulement) Plage de réglage de mise au point: De +0,5 à –2,4 dioptries De +0,1 à –3,2 dioptries (quand le tube allonge est installé)
  • Seite 29 Vielen Dank für den Kauf dieser Canon Suchereinheit FU-1000 mit Schwarzweiß- Kathodenstrahlröhre. Diese Schwarzweiß-Suchereinheit für den Digital-Video- Camcorder XL1S ermöglicht eine noch schärfere Fokussierung. Damit Sie das Potential Ihrer FU-1000 voll ausschöpfen können, empfehlen wir Ihnen, diese Anleitung vor Gebrauch vollständig durchzulesen. Heben Sie sie dann zur späteren Bezugnahme an einem sicheren Ort auf.
  • Seite 30: Abringen Der Fu-1000 Am Xl1S

    Lösen Sie die Arretierschraube am XL1S, um den Sucher dann aus der Halterung zu schieben ( B ). Die FU-1000 anbringen. ¡ Schieben Sie die FU-1000 auf die Halterung am XL1S, um die Arretierschraube dann wieder anzuziehen ( C ). Den Batterieadapter...
  • Seite 31 ¡ Anbringen und Abnehmen des Batteriepacks 1. Richten Sie das Pfeilsymbol am Batteriepack mit der Linie am Batterieadapter aus. Schieben Sie das Batteriepack bis zum Einrasten nach oben ( F ). 2. Zum Abnehmen halten Sie den BATT. RELEASE-Knopf am Adapter gedrückt und schieben das Batteriepack nach unten ( G ).
  • Seite 32: Einstellen Der Fu-1000

    Einstellen der FU-1000 Das Okular einstellen. q Halten Sie den XL1S wie beim LOCK Filmen, und stellen Sie das Okular auf bequemen Sitz ein. Ziehen Sie abschließend den LOCK-Knopf (an der Unterseite der Einheit) an, um das Okular in dieser Position festzustellen ( K ).
  • Seite 33 Den Sucher auf die Sehstärke einstellen. Schalten Sie den Camcorder ein, und stellen Sie die Sucheranzeige der Sehschärfe Ihrer Augen entsprechend ein. ¡ Verstellen Sie den Sucher- Scharfstellhebel, bis die Anzeige im Sucher scharf ist ( N ). Das Sucherbild einstellen.
  • Seite 34 Wenn die Kontrolleuchte beim Filmen blinken soll, müssen Sie die TALLY LIGHT Funktion sowohl im Menü des XL1S als auch mit dem TALLY-Schalter an der FU-1000 einschalten ( P ). Die Kontrollleuchte blinkt nur, wenn beides eingeschaltet ist. Objektiv- beleuchtungslampe...
  • Seite 35: Technische Daten

    Technische Daten Suchereinheit FU-1000 mit Schwarzweiß-Kathodenstrahlröhre Sucher: 1,5-Zoll-Schwarzweiß-Kathodenstrahlröhre Auflösung: Mehr als 500 TV-Zeilen im Zentrum (nur Kathodenstrahlröhre) Scharfeinstellbereich: +0,5 bis –2,4 Dioptrien +0,1 bis –3,2 Dioptrien (mit angebrachtem Zwischenring) Kontrolleuchte: Ein/Aus-Schalter Objektiv- beleuchtungslampe: Ein/Aus-Schalter Kontrast: Einstellknopf Entzerrung: Einstellknopf Helligkeit: Einstellknopf...
  • Seite 36 (Con abrazadera para cable) Notas sobre el uso del FU-1000 ¡ El FU-1000 no puede alimentarse desde una toma de la red de CA (con el adaptador de alimentación compacto de la serie CA-900) ni desde la batería de su automóvil (con el adaptador para baterías de automóviles de la serie CB-900).
  • Seite 37 Instalación del FU-1000 en la XL1S ¡ En primer lugar, extraiga el micrófono del visor en color de la XL1S. Extraiga el visor en color de la XL1S. q Desconecte el cable del visor ( A ). w Afloje el mando de la XL1S y extraiga el visor deslizándolo...
  • Seite 38 Instalación del FU-1000 en la XL1S ¡ Fijación y extracción de la batería 1. Haga coincidir el triángulo de la batería con la línea del adaptador para baterías. Deslice la batería hacia arriba hasta que encaje en su lugar con un chasquido ( F ).
  • Seite 39 Ajuste del FU-1000 Ajuste de la posición del ocular. LOCK q Coloque la XL1S en la posición de grabación y ajuste el ocular a un ángulo de visión confortable. Apriete el botón LOCK del ocular (debajo de la unidad) para mantener el ocular en su lugar ( K ).
  • Seite 40 Ajuste del FU-1000 Ajuste el visor a su vista. Conecte la alimentación y ajuste la pantalla de acuerdo con su vista. ¡ Deslice la palanca de enfoque del visor hasta que la pantalla quede enfocada ( N ). Ajuste de la pantalla del visor.
  • Seite 41 TALLY LIGHT grabación parpadee durante la grabación, enciéndala a través del menú de la XL1S y conecte el interruptor TALLY del FU-1000 ( P ). Ambos deberán ajustarse a ON para que la lámpara indicadora de grabación parpadee. Lámpara de iluminación de la lente...
  • Seite 42: Especificaciones

    Peso: 900 g Adaptador para baterías Tipo de batería: Baterías de la serie BP-900 de Canon (No es compatible con el adaptador de alimentación compacto de CA ni con el adaptador para baterías de automóviles) 138 × 63 × 53 mm...
  • Seite 43 FU-1000. Questo mirino a CRT monocolore per il camcorder digitale XL1S permette di ottenere una messa a fuoco ancora migliore del solito. Per ottenere il massimo dal vostro FU-1000, si raccomanda di leggere questo manuale per intero e con attenzione prima di fare uso dell’apparecchio.
  • Seite 44 ( A ). w Allentare la manopola sull’XL1S e far scivolare il mirino, togliendolo ( B ). Installare l’FU-1000. ¡ Far scivolare l’FU-1000 sull’innesto dell’XL1S e stringere la manopola ( C ). Applicare l’adattatore della batteria all’unità di collegamento alla sorgente di energia dell’XL1S.
  • Seite 45 ¡ Applicazione e rimozione delle batterie ricaricabili 1. Allineare il triangolo della batteria ricaricabile con la riga dell’adattatore per batterie. Inserire la batteria sino a sentirla scattare in posizione ( F ). 2. Rimuovere la batteria mantenendo premuto il pulsante BATT. RELEASE mentre si fa scivolare la batteria verso il basso ( G ).
  • Seite 46 Regolazione dell’FU-1000 Regolare la posizione dell’oculare . LOCK q Tenere l’XL1S nella posizione di ripresa e regolare l’oculare in una posizione che sembri comoda. Stringere la manopola di blocco dell’oculare LOCK (sul fondo dell’unità) per tenere l’oculare in posizione ( K ).
  • Seite 47 Luce di controllo TALLY LIGHT Perché la luce di controllo lampeggi durante la ripresa, accenderla col menu dell’XL1S e quindi accendere l’interruttore TALLY dell’FU-1000 ( P ). Perché la luce di controllo sia accesa, ambedue devono essere accesi. Luce di illuminazione obiettivo Illumina l’obiettivo, permettendo di...
  • Seite 48 Regolazione dell’FU-1000 Rimozione e applicazione dell’oculare Rimozione Mantenere premuto il pulsante di rilascio dell’oculare. Girare quest’ultimo e quindi toglierlo ( Q ). Applicazione Allineare i triangoli e girare l’oculare sino a che non lo si sente scattare in posizione ( Q ).
  • Seite 49: Dati Tecnici

    Dati tecnici Mirino a CRT monocolore Canon FU-1000 Mirino: CRT monocolore da 1.5” Risoluzione: oltre 500 righe TV al centro (solo CRT) Gamma regolazione fuoco: da +0,5 a –2,4 diottrie da +0,1 a –3,2 diottrie (quando viene installato un tubo di estensione)
  • Seite 57 MEMO...
  • Seite 58 CANON INC. キヤノン販売株式会社 CANON U.S.A., INC. NEW JERSEY OFFICE 100 Jamesburg Road, Jamesburg, NJ 08831 USA CANON EUROPA N.V. P.O Box 2262, 1180 EG Amstelveen, the Netherlands PUB.DIM-321ic © CANON INC. 1999 PRINTED IN JAPAN DY8-9120-229-000 IMPRIME AU JAPON...